6th Stage -「得意」が「自信」になる-

PythonとRaspberry PiでIoTの世界へ

6th Stageの概要

 全12回の学習を通じて、 IoTの基礎を身につけることを目的としています。
IoT とは、センサーやデバイスといった「モノ」がインターネットを通じてクラウドやサーバーに接続され、情報交換することにより相互に制御する仕組みです。
 
 前半6回の基礎編では、小型コンピューター「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」に接続される基本的な機器、IoTを学ぶのに最適な新たなテキスト言語「Python(パイソン)」を使った制御プログラミングについて学びます。
後半6回の応用編ではPythonを使い、インターネットを経由したWebAPI、AIの技術を学び、 IoTの創作に挑戦します。
 
※Web API【Web Application Programming Interface / ウェブAPI】とは、コンピュータプログラムの提供する機能を外部の別のプログラムから呼び出して利用するための手順・規約の類型の一つで、HTTPなどWebの技術を用いて構築されたもののこと。

  • 対象
  • テキスト言語を使った制御プログラミングができるレベル
  • 年齢目安
  • 13・14・15・16歳
  • 回数/時間
  • 月1回(全12回)
    120分(1回)
  • 受講料
    (税抜)
  • 入会金:¥20,000 → ¥10,000
    実習費:¥6,500/月
    教材費:¥7,000(初回のみ)
  • 定員
  • 1クラス10名

カリキュラム

※カリキュラムはあくまでも予定です。諸事情により変更となる可能性がありますので、予めご了承ください。
 

基礎編


第1回
「Lチカ」に挑戦しよう
概要:LEDを点灯させ、光の強さを調光してみよう。

 

第2回
超音波センサーで距離を測ろう
概要:超音波センサーで障害物までの距離を測ってみよう。


Lチカの画像

第3回
スピーカーで防犯ブザーを作ろう
概要:人が近づいたことをセンサーで感知し、音を鳴らす防犯ブザーを作ろう。

 

第4回
防犯カメラを作ろう
概要:何かが近づいたら自動で写真を撮る防犯カメラを作ろう。


Raspberry Pi(ラズベリーパイ)の写真

第5回
Webカメラを作ろう
概要:モーターでカメラを動かし、狙った方向の写真を自動で撮影するWebカメラを作ろう。

 

第6回
赤外線リモコンを作ろう
概要:赤外線センサ―で離れたところから音を鳴らすリモコンを作ろう。


パソコン画面を見る先生と生徒

応用編


第7回
家族が帰ったらメールを送ろう
概要:ドアが開いたことを超音波センサーで検知し、自動でメールを送ろう。

 

第8回
WebAPIで情報取得(天気、運行情報)
概要:天気や電車の運行状況をWebAPIでインターネットから取得してこよう。


WEBAPI概念図

第9回
AIに画像分析させよう①
概要:カメラでとった写真をAIに画像認識させてみよう。

 

第10回
AIに画像分析させよう②
概要:AIに画像認識させた答えをスピーカーから話させてみよう。


人工知能

第11回
オリジナルIoTを作ろう①
概要:これまでのセンサーを使って、自分のオリジナルIoTのしくみを考えよう。

 

第12回
オリジナルIoTを作ろう②
概要:作ったオリジナルIoTを、実際に動かしてみよう。


IoTの概念イメージ図

カリキュラム・テキスト監修

雲のプログラミング教室ロゴ



雲のプログラミング教室は、”プログラミング教育を通じて、人が活き活きと活動できる社会にする”をミッションとし、普段は一般企業で働く有志が集まって、プライベートの時間を使って子ども向けのプログラミング教育などのIT教育を行う団体。
主に「児童イベント」「社会人イベント」「企業イベント」の3つの分野で活動している。