いよいよ2020年度の実習が始まりました。
5th Stageからステップアップした子たちも、久しぶりの教室にみんな少しソワソワしているようです。
 
6th Stageでは、Python(パイソン)のコーディング(プログラミング言語を用いたプログラムの記述)技術を習得するとともに、IoTの世界での創作活動を経験していくことを目標に、1年間頑張っていきます。
 
「Python(パイソン)」は、コードがシンプルで扱いやすく設計されており、C言語などに比べて、さまざまなプログラムを分かりやすく、少ないコード行数で書ける汎用のプログラミング言語です。IoTやAIの分野でよく使われています。
 
今年から月1回実習に加え、月3回実習がスタート!
より専門的に、より実践的に学んでいきます。
 

実習のポイント

2020年度の初月となった6月は、「Python(パイソン)」と「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」の基礎を学びました。
特に、Pythonの基礎的な記述方法やさまざまなライブラリ(汎用性の高い複数のプログラムを再利用可能な形でひとまとまりにしたもの)があり、上手に使うとできることが飛躍的に広がるという特徴について学びます。

基礎学習編(1回目)

毎月1回目の実習では、教科書を使って基本的な知識・スキルを身につけていきます。

やってみよう!プログラミング

第1回目は教科書を使って学んでいきます。
 
Raspberry Pi
 
5th Stageで使用していたArduinoとRaspberry Piの違いは?Pythonの特徴は?Pythonのルールは?など、これから学んでいくことの基礎について、しっかり学んでいきました。
 
Raspberry PiでLチカ
 
PythonとRaspberry Piで、お馴染みのLEDの点滅に挑戦!
 
出力や入力が複雑なRaspberry Piに慎重に配線し、Pythonで組んだプログラミングを実行!
LEDはうまく光ったかな?

応用問題編(2回目)

毎月2回目の実習では、問題集を中心に繰り返し学ぶことで、知識・スキルを定着させていきます。

やってみよう!問題集

1回目に学んだ内容の問題に挑戦!問題は全部で3問。テーマは歩行者用信号機です。
 
問題集
 
信号機の青は渡れですが、しばらくすると点滅します。そして赤になり(ストップ)赤が点滅すると青に・・・と、変化します。
ちょっと難しそうですが、1回目を学んでいれば大丈夫!楽しそうにクリアしていきました。

課題解決編(3回目)

毎月3回目の実習では、自分でやってみたいことを考えてプログラミングを行い、活用できる力を身につけます。
 
自分でやってみたいことを考えてプログラミングするとはいっても、いきなりは難しいのでしばらくはこちらでヒントやサポートをしていきます。
 
今回のお題は、「6個のLEDを使って流れるイルミネーションを作る」。
 
ワークシート
 
LEDをどうやって光らせたいか?
シートを使って自分で考えてみます。
 
Pythonのプログラミングする中3
 
たくさんのLEDを制御することでPythonのプログラミングにも慣れてきたようです。
やりたいことを決め、実現するための計画を立て、実際に動かしてみる。
これが3回目の実習の醍醐味ですね。
 
最後はみんなの前で発表!
どんなイメージを表現しようとしたのか?工夫した点は?プログラムの流れは?など、自慢のイルミネーションを披露していました。
[spacer size=”10″]

次回予告

プログラミングで重要な法則の1つ「もし〇〇なら」について、PythonとRaspberry Pi、センサーを使って学んでいきます。
 


※Pythonは下記よりダウンロードできます。
https://www.python.org/downloads/

[spacer size=”30″]

関連記事