いよいよ2020年度の実習が始まりました。
2nd Stageからステップアップした子たちも、久しぶりの教室にみんな少しソワソワしているようです。
 
3rd Stageでは、プログラミングの基本であるアルゴリズム(命令を実行する順番とルール)を学ぶこと、各センサーの特徴や回路の組み方やプログラミング方法を身につけることを目標に、1年間頑張っていきます。
 
今年から月1回実習に加え、月3回実習がスタート!
より専門的に、より実践的に学んでいきます。

実習のポイント

2020年度の初月となった6月は、今年1年間使っていく、ブロックを組みあわせてプログラムを作るためのアプリ「BlocklyDuino(ブロックリードゥィーノ)」、マイコンや入出力ポートを備えた基板の「Arduino(アルデュイーノ)」、電子回路の実験や試作をするための板「ブレッドボード」の使い方について学んでいきました。
 
その第一歩として、コンピューター(Arduino)にブロックを使って簡単にプログラムを書きこむ方法(ビジュアルプログラミング)を学びました。

基礎学習編(1回目)

毎月1回目の実習では、教科書を使って基本的な知識・スキルを身につけていきます。

やってみよう!プログラミング

LEDを点滅させるプログラミングに挑戦する小3
 
LEDを点滅させるプログラミングに挑戦し、BlocklyDuino、Arduino、ブレッドボードについて学んでいきます。
・回路は正しく組めましたか?
・配線はちゃんと接続できましたか?
・プログラムはきちんと組めましたか?
 
3つのものがすべて正しくできているとき、思い通りにLEDが点滅することがわかりました。
 
BlocklyDuino
 
では、LEDの点滅スピードを変えるにはどうしたらいいだろう?
そんな疑問を持ち、自分でブロックの数字を変え、LEDの点滅スピードを変えてみることに挑戦する子もいて、頼もしさを感じました。
 
BlocklyDuino、Arduino、ブレッドボードの関係性がわかったようですね。

応用問題編(2回目)

毎月2回目の実習では、問題集を中心に繰り返し学ぶことで、知識・スキルを定着させていきます。

やってみよう!問題集

問題集
 
1回目に学んだ内容の問題に挑戦!問題は全部で6問。
簡単なものから徐々に難しくなっていきます。
 
1回目を学んでいれば大丈夫!楽しそうにクリアしていきました。
特に2つのLED制御では、プログラムをいろいろ変えてオリジナルの点滅を実現していました。

課題解決編(3回目)

毎月3回目の実習では、自分でやってみたいことを考えてプログラミングを行い、活用できる力を身につけます。
 
自分でやってみたいことを考えてプログラミングするとはいっても、いきなりは難しいのでしばらくはこちらでヒントやサポートをしていきます。
 
今回のお題は、「5個のLEDを制御する」です。
 
まずは、やってみたいことフローチャートに描いてみます。
 
フローチャートに基づいてプログラミングする小4
 
フローチャートに基づいて、早速プログラミング!
「2個のLED点滅はやったけど、いきなり5個!!」。最初は戸惑っている子もいましたね。
 
でも、BlocklyDuinoとArduino、ブレッドボードの関係性がわかると、もうお手のもの。
自分なりに創意工夫して、いろいろなチャレンジしていました。
 
やりたいことを決め、実現するための計画を立て、実際に動かしてみる。
これが3回目の実習の醍醐味ですね。
 
知らず知らずのうちに、BlocklyDuino、Arduino、ブレッドボードの使い方が身についたようです。

次回予告

プログラミングで重要な法則の1つ「もし〇〇なら」について、BlocklyDuino、Arduino、ブレッドボードを使って学んでいきます。



※BlocklyDuinoは下記のページよりダウンロードすることができます。
英語の場合は右上の歯車マークをクリックしてにほんごを選択してください。
http://code.makewitharduino.com/
 
アルドィーノIDEは下記のページよりダウンロードすることができます。
https://www.arduino.cc/en/Main/Donate/
just downlord(ダウンロードするだけ)をクリックしてください。

関連記事

←前の記事を見る 次の記事を見る→