いよいよ2020年度の実習が始まりました。
プレコースからステップアップした子たちも、久しぶりの教室にみんな少しソワソワしているようです。
 
1st Stageでは、日常生活にコンピューターが溢れていることに気づき、プログラミングへの興味関心を醸成することを目標に、1年間頑張っていきます。
 
今年から月1回実習に加え、月2回実習がスタート!
より専門的に、より実践的に学んでいきます。

実習のポイント

2020年度の初月となった6月は、プログラミングの世界に触れていく第一歩として、パソコン操作とEdisonについて学んでいきました。

基礎学習編(1回目)

毎月1回目の実習では、教科書を使って基本的な知識・スキルを身につけていきます。

やってみよう!

マウス練習
 
PCの立上げ、マウスを使う(クリック、ダブルクリック、ドラック)ことができるようになるため、まずはオリジナルソフトで練習。
 
ドラッグ&ドロップに挑戦する年中
 
ダブルクリックに少々苦戦しましたが、ドラッグ&ドロップは、オリジナルソフトであっという間に上手に使いこなしていました!
 
Edblocks
 
マウスが使えるようになったら、小型ロボット「エディソン(Edison)」を使ったプログラミングの学習。
バーコードによる命令とEdblocks(エドブロックス)というEdison専用ソフトを使ってプログラミングする2つの方法があります。
自分でプログラムする方法は、画面上のブロックをマウスで並べていきます。
 

 
バーコードでもEdblocks(エドブロックス)でも、どちらもしっかりと達成することができました。
自分が考えた通りに動いた時には「わーっ」という歓声が!思ったようにものを動かす楽しさを実感してもらえたかな?

応用問題編(2回目)

毎月2回目の実習では、問題集を中心に繰り返し学ぶことで、知識・スキルを定着させていきます。

やってみよう!問題集

問題集
 
1回目に学んだ内容の問題に挑戦!問題は全部で7問。
簡単なものから徐々に難しくなっていきます。
 
オリジナルプログラム作りに挑戦する年長
 
フローチャートを読み解いてプログラムしていく問題も、枠にEdisonをきちんとおさめる問題も、しっかりできた様子。
あっという間に最後の問題までたどり着き、オリジナルプログラム作りにもチャレンジした子もいました。
 
今月の目標であるパソコン操作とEdisonについて、みんなクリアできたようですね。

次回予告

次回は、プログラミングで最も重要な「プログラムは記述された順番に処理される」という法則を感じとってもらうため、ゴールに向かってEdisonを動かすことにチャレンジしていきます。

関連記事

←前の記事を見る 次の記事を見る→