実習のポイント

今回はarduino(アルドゥイーノ)で”センサー”の制御にチャレンジしました。

”センサー”の情報をarduinoが受け取り、書き込まれたプログラムによってON・OFFが決まります。
このようなプログラムがプログラミングの基本となるのです。
 
今回は身近なところにも実際に使われている”光センサー”を使ってその制御にチャレンジしています。

レッツ プログラミング!

センサーについて学ぶ小1
 
今回は”センサー”が登場!どんなところに使われているのかな?
身の回りで自動で動くものをイメージしながらセンサーについて学ぼう!


光センサーのプログラミングに挑戦する小2
 
さあ、いよいよ”光センサー”を自分の回路に組み込んでプログラミングに挑戦だ!
暗くなったら自動で光る?!どこかで見たことあるぞ!

実習での学び、ご家庭のみなさまへ

前回からは外付けマイコンarduino(アルドィーノ)との連動を行っています。これまでに学んだことを活かして、実際のモノの制御にチャレンジです。うまくいかないこともあると思いますが、どこが間違っているかを探し、修正できるようになってもらえれば、と思っています。
 
また、今回学んだセンサーは自動ドアなど身近なものにも多く使われており、暮らしに役立っています。身の回りのどんなところで使われているを、ご一緒に探してみてください。

関連記事

←前の記事を見る 次の記事を見る→