実習のポイント

これまでの実習で、AIがどの様に言葉のやり取りを学び実践するのかを学びました。これにより打ち込んだ文字ベースでの文章でやり取りをさせることは可能になりました。

一方で世の中には本当に人と会話しているかのように、人の声から言葉を認識しそれに対して的確な反応をしてくれるものがすでに商品化されています。
 
今回は、その様なものの中で行われている処理を学びます。

レッツ プログラミング!

プログラミングする高2男子
 
コードを実際に作成しながら、必要な処理の流れを学びます。
1つ1つのコードを確認して打っていきます。


プログラムの動作確認をする高3男子
 
作成したプログラムの動作を確認しています。
言葉で「こんにちは」といったものに対してどのように返ってきたでしょうか。
 
生まれたばかりの(学習の少ない)AIですので必ずしも的確な答えが返ってくるとは限りませんが、これはAI開発の大事な一歩です。

実習での学び、ご家庭のみなさまへ

これまでAIを使って何かの問題を解くことを学んできました。それを実際のプロダクト(製品)に応用するにはデータの取得(入力)→AIによる処理→処理された情報に合わせて動作(出力)という流れが必要になります。それぞれを開発し統合することが重要となります。
 
今回は実際にプロダクトとして世の中にあるものを例にして、その中で情報がどの様な流れで処理されていくのかを学びました。他にも世の中にはたくさんの便利なアプリやモノで溢れています。ここまでくれば段々、その様なモノの仕組みが想像できるようになってきているはずです。



関連記事