実習のポイント

今回は二足歩行マシンの2回目です。前回は動力となるサーボモータと目の代わりになる超音波センサについて学びました。

今回はいよいよ本体を作製します。ここではサーボをしっかり取り付けるため、アルミフレームを曲げたり組みたてを行いました。加工の精度が今後の動きに影響を与えてしまうため、細心の注意が必要となります。
 
最後はこのマシンに配線しました。次回プログラムを書き込んでいきますので、楽しみにしてもらえれば幸いです。

レッツ プログラミング!

マシーンを組み立てる中1
 
本体の板の決めた場所に穴をあけたり、サーボを保持するアルミ板を曲げたりと、工作の楽しさと大変さを体感してもらいました。


マシーンを組み立てる中2
 
テキストや完成品を見ながら自分のマシンを作っていきました。
サーボの動きを考えながら本体の配置などを考えました。

実習での学び、ご家庭のみなさまへ

サーボは模型やプラモデルで使う普通のモータとは違い、角度が指定できます。そこで2つのサーボの動きを変えて歩かせることができるのです。
 
次回からより本格的なマシン&プログラミングに挑戦してみます。そのためにも今回しっかりと時間をとり、マシンを作製しました。マシン制御プログラミングは隣の人と同じプログラミングでは動かないこともあります。加工の際に生まれる角度などの誤差をプログラムによって修正するという詳細な調整も必要になります。
 
ただ、それが自分なりのマシンなので、そこを楽しみながらマシン制御プログラミングを学んでいきましょう!



関連記事

←前の記事を見る 次の記事を見る→