実習のポイント

10月から3回の実習でシューティングゲーム作りに挑戦し、「変数(いろいろな数字や文字を入れることのできる箱のようなもの)」、「乱数(数字がランダムに出る仕組み)」、「繰り返し」、そして「条件分岐(もし~なら)」を使ってプログラミングにチャレンジしました。

今回は10月・11月に登場したarduino(アルドゥイーノ)をつかったものづくりとその制御に挑戦します。これまでは、パソコンの中だけで完結していたものが、ものづくりを通して現実世界に飛び出してきます。身の回りのさまざまなものがどのような仕組みで動いているのかを想像しながらプログラミングすることで、面白さがグッと上がります。

レッツ プログラミング!

LEDの点灯プログラミングに挑戦する小1
 
まずは、LEDの点灯の復習から!
前に挑戦したときはどんなプログラムにしたかな?おぼえてる?


LEDを点灯させてみる小2
 
今度はLEDの点灯時間を変えてみたり、LEDの数を増やしたりしました。
うまくいったかな?

実習での学び、ご家庭のみなさまへ

今回からは外付けマイコン(アルドィーノといいます)との連動を行っていきます。これまでに学んだことを活かして、実際のモノの制御にチャレンジです。うまくいかないこともあると思いますが、どこが間違っているかを探し、修正できるようになってもらえれば、と思っています。またモノの制御プログラムは自動ドアなど身近なものにも多くあり、暮らしに役立っています。身の回りのどんなところで使われているを、ご一緒に探してみてください。



関連記事

←前の記事を見る 次の記事を見る→