実習のポイント

10月の実習ではいよいよRaspberry Piをインターネットにつなげてやり取りする方法を学び、IoT技術に触れました。次に11月はWeb APIサービスを用いてより便利なIoTを実現する方法を学びました。

そして今月はいよいよ、AIの導入です。
 
AIのWeb APIサービスを用いて撮った写真を画像認証、そこに写ったものが何なのかをAIに判断してもらうということにチャレンジしました。
 

レッツ プログラミング!

AIを使って作る中3
 
AIを使って開発された商品を手にすることは昨今増えましたが、自分でAIを使って何かを作るという経験はきっと初めてのはずです。
 
時には黙々と、時には相談しあいながらAIに触れてみました。
 
画像認証をする高1
 
さて、いよいよAIを使った画像認証をやってみます。
 
うまくいくかな?最先端でまだまだ発展途上な分野なので、必ずしもAIが正解を出してくれるとは限りません。でも、とにかくやってみよう!!
 

実習での学び、ご家庭のみなさまへ

今回はAIという非常にホットな話題になりました。AIとは人間に代わって機械に物事を判断してもらう技術のことで、現在は機械に学習をさせることで判断の精度をより高めていく機械学習という技術が盛んに使われるようになりました。
 
今後はどんどんAIが判断して物事を決めていく時代になります。とはいえそれを使うのはやはり人間、さらに言うと将来を担うみなさんなのです。
 
ご家庭では是非、(AIに限らず)世の中のそういった最先端技術の話題を取り上げ、それがどのように作られているのかなど、必ずしも正解は出なくて良いので一緒に考えてあげてください。  
 
 

※株式会社スタジオアリス提供の画像は、著作権保護のため、画像の拡大や保存を制限しております。予めご了承ください。

 
 
 

関連記事

←前の記事を見る 次の記事を見る→