実習のポイント

前回から3回の実習でシューティングゲーム作りに挑戦しており、今回はその第2回目の実習です。

これまでに学んだ「変数(いろいろな数字や文字を入れることのできる箱のようなもの)」、「乱数(数字がランダムに出る仕組み)」、「繰り返し」、そして「条件分岐(もし~なら)」を使ってゲーム作りにチャレンジ中です。
 
前回は、ゲームの主人公の「ハカセ」のスプライトをキーボードの矢印キーで操作するための考え方とプログラムを学びました。そして今回は「ハカセ」がレーザーを出せるようなプログラムを考えました。前回も出てきた内容を駆使してプログラムを組んでいきます。

レッツ プログラミング!

シューティングゲーム作りに挑戦する小1
 
今回は「ハカセ」がレーザーを出すプログラムに挑戦!


プログラムに挑戦する小2
 
「ハカセ」の動きに合わせてレーザーを発射するにはどうしたらいいかな?!

実習での学び、ご家庭のみなさまへ

これまでの実習で”変数”、”乱数”、”条件分岐などプログラミングの基盤とも言える知識を身につけてきました。今回はこれまでの計算ゲームから飛躍的に自由度の高いシューティングゲーム作りに挑戦しています。新しいことを学びながら、これまでに培ってきた知識を駆使して3回の実習を通して完成させます。ぜひご家庭でも、実習でこれから作るゲームがどんなものなのか、また完成後自分でどんなものを作ってみたいのかについて聞いてみてください。



関連記事

←前の記事を見る 次の記事を見る→