実習のポイント

センサに反応して動くマシン本体を作りました。

現実世界で応用ものに近いものを作成することで、これまで学習してきたプログラミングによる“制御”をよりはっきりと体感します。

レッツ プログラミング!

電子回路にセンサを組み込む中1
 
まずはマシンの工作です。
電子回路にセンサも組み込みます。


プログラムを組む中2
 
工作の後はプログラミングです。
今日はスイッチを押すと前進して、手をかざすと後退するプログラムを組みました。

実習での学び、ご家庭のみなさまへ

障害物を検知すると止まったり進行方向を変えたりする技術はお掃除ロボットなどに使われています。
 
生活に馴染みのあるものに近いものを作ることで、プログラミングと実生活がちゃんと結びづいているのだということを実感できました。


※株式会社スタジオアリス提供の画像は、著作権保護のため、画像の拡大や保存を制限しております。予めご了承ください。

関連記事

←前の記事を見る 次の記事を見る→