実習のポイント

4月からラズベリーパイとPythonのかなりの内容を駆け足で行ってきました。
そこで今回はまず、これまでに行ってきたことをふりかえるとともに、Pythonのデータ処理について学んでいます。

レッツ プログラミング!

Pythonプログラミングに挑戦する中3
 
理解するのは少し難しかったですがPython で扱えるデータには「数字」 や「 ⽂字列」という種類があり、変数に数字が⼊っているときと⽂字列が⼊っているときで、同じ処理でもプログラムの実⾏結果が変わりました。


装置を作る高1
 
“関数”と“if文”の2つの新しいプログラムの書き方を学んだあとで、前回のプログラムをより短くスマートに変えました。
また、前回使った超音波センサーに、今回はブザーを組み合わせて「手を近づけると音が鳴る装置」を作りました。

実習での学び、ご家庭のみなさまへ

Pythonで使えるデータ型は4種類あります。それぞれについて簡単に説明しました。実感としては変数に数字が⼊っているときと⽂字列が⼊っているときで、同じ処理でもプログラムの実⾏結果が変わるが目に見えたので、データの種類をよく理解してプログラミンすること⼤切さが伝わったかと思います。
 
次回は、カメラの使い方を学んでいきます。カメラをラズパイに接続し認識させるところから始めて、実際に撮影してみます。


※株式会社スタジオアリス提供の画像は、著作権保護のため、画像の拡大や保存を制限しております。予めご了承ください。

関連記事

←前の記事を見る 次の記事を見る→