実習のポイント

前回はもしスイッチが押されたらブザーが鳴ってLEDが点滅する装置にチャレンジし、条件分岐について学びました。

今回からは、いよいよ”センサー”が登場します。自動ドアや自動点灯、スイカにPASMOと、すっかり身近になってきたセンサを使って”暮らしに役立つプログログラミング”に挑戦します。
 
今回登場するのは”圧力センサー”。どのような機構なのかを探り、どのように使うかを考えて、それを実現するにプログラミングをおこなっていきます。

レッツ プログラミング!

配線図をみながら配線する小3
 
圧力センサーがどんなものかを実験的に学んだあとは、いよいよ配線図をみながら配線をします。
圧力センサーには+、=があったり、センサーの情報を拾うコードがあったりと、これまでよりも複雑になってきます。
 
間違えると動作不良や故障につながるので、慎重におこないました!


プログラミングに挑戦する小4
 
配線ができたらプログラミングに挑戦です。
「LEDとブザーを交互に動作させる」や「圧力がかかったときに点滅させる」といったプログラムをまずは自分で考えました!
うまくいったかな?

実習での学び、ご家庭のみなさまへ

”圧力センサー”の制御は前回も学んだ条件分岐(もし~なら)です。もし圧力がかかったら、〇〇する、というように、センサーはプログラムを学ぶうえでとてもよい教材です。
 
慣れてきたらぜひ自分でコードが書けるように、フォローしていきます。またセンサーを知るとモノづくりの幅がグンと広がります。
 
生活の中でどんなところにセンサーが使われているのか探してみてください。またプログラミングは繰り返し行うことが大切ですので、できればご自宅でもBlocklyduinoをやってみてください。


※株式会社スタジオアリス提供の画像は、著作権保護のため、画像の拡大や保存を制限しております。予めご了承ください。

関連記事

←前の記事を見る 次の記事を見る→