実習のポイント

前回はLED(発光ダイオード)の点滅をプログラミングするなかで、LEDをつける(オン)、○○秒待つ、LEDを消す(オフ)、○○秒待つといったことを、細かく、順番に設定しないとうまくいかないことを学びました。
そのなかでプログラムが順番に働くこと(順次処理といいます)を実感しました。

今回は「もし~なら」という、プログラムで非常に大切なルールを学びました。
このルールはセンサを使う際に知っていなくてはならないルールです。
 
今回はもしスイッチが押されたらブザーが鳴ってLEDが点滅する装置にチャレンジしました。
またLEDの点灯には電子素子の1つであるトランジスタを使い、その使い方も実感しました。

レッツ プログラミング!

「もし~なら」を使ってプログラムに挑戦する小3
 
「もし雨がふったら運動会は中止です」といった身近な例から、プログラムのルールの1つ条件分岐をイメージします。
またそれをフローチャートにすることで、どのようなプログラムになっているかを実感しました。
 
Blocklyduino(ブロックリードィーノ)で、まずは「もし~なら」を使ってプログラムに挑戦!


回路づくりにチャレンジする小4
 
プログラミングができたら次は実際に回路づくりにチャレンジしました。
 
前回も使ったブレッドボード(電子部品を抜き差しできる基板)でトランジスタやLED、ブザーを組んでみます。
まずは回路図を見て組めるようになっていきましょう。何度も作っていくうちに実感としてわかってきます。

実習での学び、ご家庭のみなさまへ

「もし~なら」は生活の中でもいっぱい見つかります。プログラミングというとパソコンと考えがちですが、日々の生活にもプログラミングは活きています。ぜひ一緒に探してみてください。
 
また今回の学びはプログラミングのルールとして重要な繰り返しも実習しています。プログラミングでは前回行った「プログラムは順番に処理されること」(順次処理)と、今回の「もし~なら」(条件分岐)、そして「繰り返し」の2つのルールが基本ですので、今後も「モノづくり」とともに、繰り返し学んでいきます。
 
できればご自宅でもBlocklyduinoをやってみてください。


※株式会社スタジオアリス提供の画像は、著作権保護のため、画像の拡大や保存を制限しております。予めご了承ください。

関連記事

←前の記事を見る 次の記事を見る→