実習のポイント

人工知能などにも使われる比較的新しいプログラム言語・パイソンを学びます。またモータやセンサの制御が可能な小さなコンピュータ・ラズベリーパイのについても学びます。

パイソンとラズベリーパイの組み合わせで、IoT(Internet of Things モノのインターネット)に挑戦します。
今回は初級編としてパイソンでLEDの制御に挑戦しました。

レッツ プログラミング!

パイソンプログラミングに挑戦する中3
 
パイソンは、英語が分かればわかりやすい言語です。プログラムと一緒に英語も勉強してしいきます。
正しく書けると色がかわって確認できたり、ミスもプログラム作成ソフトが教えてますので、自分たちでプログラムをきちんと書くことからはじめています。


ラズベリーパイにLEDを配線する高1
 
LEDの配線はバッチリでした。ただ、ラズベリーパイの端子は40あるので、慎重に配線していきました。
プログラムがきちんと書き込まれたかどうかは、LEDの点灯で調べます。何度やってもドキドキの瞬間です。

実習での学び、ご家庭のみなさまへ

ラズベリーパイは小さいですが、外部出力を持ったコンピュータです。今回はLEDを使ってアウトプットを行いましたが、次回は距離センサを使ってみます。
 
またプログラムで重要な「繰り返し」もきちんと学んでいます。ちょっと難しいですが、ここががんばりどころです。距離センサを使ってたのしく実験しながら学んでいきます。
 
ラズベリーパイはご家庭でもHDMI入力に対応したTVモニタ(最近の液晶テレビにはほとんどついています)、USB接続キーボード、マウスがあれば使うことができます。ぜひチャレンジしてみてください。
 
パイソンの学びはノートPCでも可能です。あわせてやってみてください。
https://www.python.org/downloads/


※株式会社スタジオアリス提供の画像は、著作権保護のため、画像の拡大や保存を制限しております。予めご了承ください。

←前の記事を見る 次の記事を見る→