実習のポイント

7月から取り組んできた机から落ちないマシンも、最後の月となりました。

一生懸命にマシンをつくりあげ、基本のプログラムについて学び、そこにオリジナルの工夫をして、動かし、うまくいかなかったら修正し、と、いろいろな経験を積み重ねてきました。
 
最後はプログラマー&開発者として、作ったマシンを自信たっぷりに見せ合いました。
 

レッツ プログラミング!

多種多様な工夫をする中学1年生
 
落ち方の条件は無限大とお伝えしましたが、落ちないための工夫もたくさんあります!
みなさんのマシンで、多種多様な工夫を見ることができました。
 
じっくり話し合う中学2年生
 
マシンの最終調整。友達とマシンについてじっくり話し合いをしました。
「たしかに!」と感心したり、「自分ならこうする」と意見を出したり、互いに切磋琢磨したとても貴重な経験でしたね。
 

実習での学び、ご家庭のみなさまへ

マシンの調整(ものづくり)とオリジナルの工夫(プログラミング)の2つから、マシンが机から落ちないマシンの作製という目的にアプローチしてきました。
 
みなさんが大人になるころには、これまでに世の中になかったものを作り出し、それをプログラム制御し、くらしに役立つものをつくっていくことや、大きなデータをうまく使いこなしていく力が求められていきます。ぜひ家でも動かしてみて、いろいろと改良してみてください。
 
楽しかった人もいれば、大変だった人もいるかと思います。ぜひ工夫したところを聞いてみてください。
 
 

※株式会社スタジオアリス提供の画像は、著作権保護のため、画像の拡大や保存を制限しております。予めご了承ください。

 
 
 

関連記事

←前の記事を見る 次の記事を見る→