実習のポイント

机から落ちないマシン を作る際に必要なif 文(条件分岐)ついて学びました。
 
もし机から落ちそうになったら~する、ができないマシンは落ちてしまいます。そうならないためにも、まずはそのプログラムのしくみをプッシュボタンスイッチとLEDで、実践的に把握しました。また、落ちないために必要な ”眼” となるセンサの扱いかたもあわせて実習し、次回以降の実習に備えました。

 

レッツ プログラミング!

if文に挑戦する中学1年生

画像提供:スタジオアリス

今回は「if文」を使って、「もしボタンが押されたら LED を点灯させる、そうでなければ LED を消灯する」というものを作ってみました。
if文についての理解とともにプッシュボタンスイチの仕組みも理解していないとできません。

 

 

測距モジュールにレンズが2つあるのはなぜだろう。線が3本もあるから配線1本1本違いを意識しながら作りました。
 
また配線図を読むのにもチャレンジしてみました。まだまだ難しいけど、一つずつ指で追いながら頑張って回路を組んでみました。

 

実習での学び、ご家庭のみなさまへ

条件分岐(もし~なら)は3rdでも4thでも登場しますが、5thではもう一歩踏み込んで、もし〇〇なら、~をする、そうでなければ△△をする という構文を学んでいます。
 
これはプログラミングに限らず、生活の中でよく現れる事象です。もし雨が降ったら~にしよう、とか、もし途中で疲れたら××しよう、といった想定は誰しもしていると思います。
 
将来はそのイメージから、自分で作ってみたいモノを考え、それを実現できるように後押しできればと思っています。またそのためにはそれを実現するマシンが不可欠です。今回は距離センサを学びましたが、今後はDCモータ(いわゆるふつうの模型用モータ)やサーボモータの制御についても学びます。自分だけのマシンプログラミングを目指して進んでいきましょう。
 
※arduinoIDEは下記よりダウンロードできます。ご自宅でもチャレンジしてみてください。
https://www.arduino.cc/en/Main/Donate

 
 

関連記事

←前の記事を見る 次の記事を見る→