実習のポイント

今回はプログラムの基本中のキホン、「プログラムは順番どおりに動く」ことを学びました。

 

まずはテキストに「どう動かしたいか」をまとめ、前回も使ったプログラミングソフト“Edblocks(エドブロックス)”でプログラミングし、Edison(エディソン)に読み込ませます。そして▲ボタンを押すと…自分で決めた順番どおり動きました! 

 

この「順番どおりに動くこと」あたりまえのようですが、とても大切なルールです。
後半はいろんな種類の命令になるブロックを好きな順番に繋げて、Edison操作に挑戦しました。

 

レッツ プログラミング!

Edblocksでプログラミングする幼稚園児

 

Edblocksは1つひとつの命令が「ことば」ではなく「絵」になっているので、感覚的にわかりやすく、すっかり慣れて、ブロックを思い思いの順番に繋げていました。
そして完成した自分だけのプログラムをEdisonに読み込ませ、思ったようにEdisonを動かすことができました。

 

プログラミングでEdisonを動かす幼稚園児

 

自分だけのオリジナルなプログラム通りに動いてくれるEdison! 
プログラムを複雑にしていくと、エジソンを自分が動かしているんだ!という実感が少しづつ湧き出してきます!!
でも、いっぱいつなげるのはちょっとたいへん!

 

次回はこれをかんたんにするプログラムのルールを学びます。

 

実習での学び、ご家庭のみなさまへ

自分でプログラムを組んで、エジソンを思い通りに動かす(自分が考えたとおりに制御する)ことに挑戦しています。
何度もプログラミングすることで、自然にプログラムが順番に処理されていくこと(順次処理)を実感しました。この学びはプログラムの学びの基本です。
今後もまずはこれが基本であることを実習します。ぜひご家庭ではご一緒に順番に行っていることを探してみてください。

 

また、家から帰ってきたら何をする?? をプログラミングするなど、生活のなかで順番を決めて、それを守る、といったしつけにも生かしてもらえれば幸いです。

←前の記事を見る 次の記事を見る→